高品質を維持するために、企業に必要なこと

デフレ経済から脱却できないでいるのは何も日本だけに限ったことではなく、世界中で物が高く売れず、そのため賃金も低く抑えられた状態にあります。
こうした状態からの脱却が叫ばれてもう、ずいぶん経過していますが、抜本的な解決策が見出されていないままこうした状態は今後も続くものと考えられます。

しかし、私たちの社会は「安かろう、悪かろう」では見向きもされず、低費用でありながらも高品質のものが求められ、各企業はあらゆる手段を駆使しながら商品開発を行っています。
こうしたことは活況といわれるITの世界でも決して他人事ではなく、例えばプロバイダー料金などはセットやキャンペーンなどで料金を安くするといったことが行われています。
同業同士による競合の結果、割引料金が設定され、私たちに還元されているのですが、これも物価の問題から切り離すことはできません。
以前の速度や金額では考えられない低費用でありながら高品質のものが出回るようになっています。こうした裏にはIT業界の並々ならぬ努力があったからだと考えることができます。
安く購入できても安定した品質を保つこと。これを使命としてさまざまなコストダウンを図るための努力や実験は決して世に出て陽に当たることは無いのです。

しかし、彼らの「これからの未来社会を築いていく」という信念と「豊かで便利な社会を維持していく」という想いが重なり、次々と新しい技術やその結果生み出された商品に触れることができているのです。
むしろ、現代の社会からIT技術を抜き去ることはできなくなっていますので、IT業界はどのような時代であってもその変化に対応していかなければならないのではないでしょうか。
そして、その恩恵を受ける社会は裏にある努力を忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です